Home > スポンサー広告 > べアードブルーイング限定ビール『ブラックベルベットダークラガー』発売中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

fourheartsmaster URL 2007-09-14 (金) 12:26

こなまずさま
お問い合わせありがとうございます。
そして
あおしまさま
完璧なお答えありがとうございます。

あおしまさんのお答え通り「甲斐ノワール」です。「甲斐ノワール」では今回お飲みになられた「シャトレーゼ勝沼ワイナリー」の他にも山梨市の「旭洋酒」さんや、勝沼の「原茂ワイン」さんなどもおいしいですよ。
お問い合わせ、および的確なお答えありがとうございました!

あおしま URL 2007-09-13 (木) 11:41

シャトレーゼさんではピノやってなかったと思いますので、おそらく「甲斐ノワール」だと思います。(日本ではピノノワール作っているところは少ないです。)

甲斐ノワールはカベルネとブラッククイーンの掛け合わせで出来た山梨原産?の品種です。がっつり赤ワインな感じで私も好きです。シャトレーゼさんのは中でも毎年おいしいです。

県内でしたら双葉のベルフォーレワイナリーか、勝沼のシャトレーゼワイナリーで買えると思います。各地にあるシャトレーゼのお菓子屋さんには残念ながらあまり置いていないようです。

こなまず URL 2007-09-13 (木) 01:19

9月10 日(月)の午後3時すぎに、カフェにお邪魔しました。ランチを食べ、赤のグラスワインを頼んだところ、これがめっちゃうんまい! そのときお店にいた方に聞いたところでは、シャトレーゼのピノ・ノアールとのことでしたが、それだけは同じワインを見つけることができず・・・。お手数ですが、この日、この時間に出してらしたグラスワインの銘柄とワイナリーの詳細を教えていだけると助かります!! 

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://fourhearts.blog80.fc2.com/tb.php/108-9dc58447
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Four Hearts Cafe Official Blog(フォーハーツカフェ オフィシャルブログ)

Home > スポンサー広告 > べアードブルーイング限定ビール『ブラックベルベットダークラガー』発売中!

Home > ビール > べアードブルーイング限定ビール『ブラックベルベットダークラガー』発売中!

べアードブルーイング限定ビール『ブラックベルベットダークラガー』発売中!

またまたベアードさんから限定モノがでました。
「ブラックベルベットダークラガー
ほんのりと甘く、思わずニヤリとしてしまいます。
日が暮れると肌寒くなるこのごろ、
しっとりとベルベットなビールいかがでしょう?
もちろん1樽限定。どうぞおはやめに。

IMG_8317.jpg


ドイツにおけるダークビール醸造の中心地は、今も昔もバーバリア地方の北部アッパーフランコニアである。「ドイツ国内のどの地域よりも、フランコニアは、1キロ圏内により多くのブルワリーがあり、より濃色なラガーで、より特質がある。」このフランコニアスタイルのダークラガーは、「ドライ感があり、コーヒーや甘草のようなダークモルトの香り、ラガー酵母から生まれる丸みや清潔さが一体となり素晴らしく調和され、最も洗練されている。」

上記で紹介した情報は、偉大なビールの歴史家であり評論家である、故マイケル・ジャクソン氏の著書より引用したものである。彼は数日前に他界したばかりで、世界中のクラフトブルワーやビール通達に、今後大きな悲しみと損失をもたらすであろう。現代のビアルネッサンスを語る上で、彼ほど影響力がありこの分野に貢献した人物はいないといっても過言ではない。私(Bryan)のようなブルワーが、自分にとって新しいスタイルのビールを造る時に、その歴史やスタイルを調べるために最初に手に取るのがマイケル・ジャクソン氏の著書である。この最新のベアード季節限定ビールも例外ではない。「ビア・ハンター」に多大なる感謝の念を捧げたい。

『ブラックベルベット ダークラガー』(アルコール度数4.9%):

フランコニアの伝統的なダークラガー醸造に影響を受けたブラックベルベットダークラガーは、きれいな小豆色でクリーミィな泡は少し色付いている。ほのかなフルーティな香りにトーフィやコーヒー、スウィートチョコレートのような香りが加わる。口当たりはシルキーでベルベットのようにスムーズだ。ダークカラーだが、焙煎の強い、焦げたような苦みのあるモルトの個性は全く感じられない。それよりも、トーフィやキャラメル、ミルクチョコレートのような甘いスムーズなフレーバーがうまく調和している。後味は丸みを帯び、スムーズで、自然な発泡性が丁度いいドライ感を与えてくれる。

ブラックベルベットダークラガーは、本日(9月5日・水曜)フィッシュマーケットタップルームでデビューします。いくつかのベアードビール取扱店でも、明日(9月6日)より樽や瓶で飲むことができます。ビールを楽しんでいるひとときに、グラスを掲げて、故マイケル・ジャクソン氏に思いを馳せていただきたい。遠い昔に忘れ去られた多くの歴史的なビアスタイルを再発見し、小規模ブルワリーがそれを再現・醸造することを可能にし、再びビールに命を吹き込ませてくれた素晴らしい人物、ザ・ビアハンター マイケル・ジャクソン氏に乾杯!!
スポンサーサイト

Comments:3

fourheartsmaster URL 2007-09-14 (金) 12:26

こなまずさま
お問い合わせありがとうございます。
そして
あおしまさま
完璧なお答えありがとうございます。

あおしまさんのお答え通り「甲斐ノワール」です。「甲斐ノワール」では今回お飲みになられた「シャトレーゼ勝沼ワイナリー」の他にも山梨市の「旭洋酒」さんや、勝沼の「原茂ワイン」さんなどもおいしいですよ。
お問い合わせ、および的確なお答えありがとうございました!

あおしま URL 2007-09-13 (木) 11:41

シャトレーゼさんではピノやってなかったと思いますので、おそらく「甲斐ノワール」だと思います。(日本ではピノノワール作っているところは少ないです。)

甲斐ノワールはカベルネとブラッククイーンの掛け合わせで出来た山梨原産?の品種です。がっつり赤ワインな感じで私も好きです。シャトレーゼさんのは中でも毎年おいしいです。

県内でしたら双葉のベルフォーレワイナリーか、勝沼のシャトレーゼワイナリーで買えると思います。各地にあるシャトレーゼのお菓子屋さんには残念ながらあまり置いていないようです。

こなまず URL 2007-09-13 (木) 01:19

9月10 日(月)の午後3時すぎに、カフェにお邪魔しました。ランチを食べ、赤のグラスワインを頼んだところ、これがめっちゃうんまい! そのときお店にいた方に聞いたところでは、シャトレーゼのピノ・ノアールとのことでしたが、それだけは同じワインを見つけることができず・・・。お手数ですが、この日、この時間に出してらしたグラスワインの銘柄とワイナリーの詳細を教えていだけると助かります!! 

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://fourhearts.blog80.fc2.com/tb.php/108-9dc58447
Listed below are links to weblogs that reference
べアードブルーイング限定ビール『ブラックベルベットダークラガー』発売中! from Four Hearts Cafe Official Blog(フォーハーツカフェ オフィシャルブログ)

Home > ビール > べアードブルーイング限定ビール『ブラックベルベットダークラガー』発売中!

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。