Home > 2007年11月

2007年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

みんな一生懸命です

もう本当に時間がない!
スタッフの手もよく動きます。
みんなありがとう。

銀杏。



手で剥きます
IMG_9612.jpg


一人2粒。
IMG_9611.jpg


全開です。
IMG_9582.jpg


手が写りません(笑)
IMG_9656.jpg


母残業です。調理師歴が長いだけあって、まさに獅子奮迅の働きです。
ありがとう。
IMG_9657.jpg


コロコロ。
IMG_9627.jpg


ブドウの天然酵母パンです。
IMG_9629.jpg


何とかかたちになりました。
IMG_9631.jpg


八ヶ岳のたまごはゆでたあと…
IMG_9649.jpg


軽くスモーク。
IMG_9667.jpg


イイニオイ。
IMG_9668.jpg


このあともう1回だけすぐにブログ更新します。

ワインフェスのしたく

金曜の夜に営業しながら、仕込みしながら
バタバタなので空いた時間で簡潔にアップします。


イモ&イモ



さてお楽しみに。
IMG_9643.jpg


ネギと
IMG_9571.jpg


五味さんところの甲州味噌で
IMG_9651.jpg


お楽しみに。
IMG_9666.jpg


カブ。焼いた。
IMG_9662.jpg


お肉もおいしそうになりました。
IMG_9630.jpg


またあとで。
では。

ワインフェスまであとわずか

いよいよ今週末はワインフェス!
仕入れに、仕込みに大わらわです。
今回も野菜がたくさんです。
しかしスゴイ量…。



重いんですよ。野菜って。
積み込んでるのはうちのオヤジです。ファミリービジネス全開です(笑)
親父に積み込ませて息子は写真…。
「まぁ~そのうち楽させてやっから頼むぜ!」
と全く根拠のない言葉と昼飯でがんばってもらいました。
IMG_9559.jpg


みなさんが今回召し上がる野菜をつくっているのが立野さん。
手にするのはほうれん草。
立野さんありがとう!おいしく食べてもらえるようがんばります。
IMG_9561.jpg


野菜紹介します。カブ。
IMG_9564.jpg


さてさてどうなりますか。当日お楽しみに。
IMG_9625.jpg


サツマイモ&紅芋。
IMG_9585.jpg


サツマイモと
IMG_9587.jpg


紅芋。これがどうなるかは明日またブログにアップします。
どうしても気になる方はお店にきてください。
テンヤワンヤでつくってますから、疲れきったサービスでお待ちしています(笑)。
IMG_9590.jpg


「ほうれん草はピンクのところを食べてほしい!」:立野氏談
IMG_9600.jpg


ぐるぐる。
IMG_9592.jpg


なんだかわかりますよね。お楽しみに。
IMG_9597.jpg


白菜は
IMG_9616.jpg


いろいろまぜて
IMG_9622.jpg


白菜ロール。
IMG_9626.jpg


どろんこチーム。まずは牛蒡。
IMG_9618.jpg


里芋。これが本当の芋洗い。
IMG_9614.jpg


もう家に帰りたいのでここら辺で。
続きはまた明日。
明日は何回かアップします(予定)。
というかもう今日ですね…。では。

葉っぱも楽しみます

葉っぱもいただいてきて飾ってます。



ワインはブドウから…
何となく飲みながら感じてもらえれば…と思ってます。
IMG_9339.jpg


ちなみにこれカラーコピーです。
IMG_9340.jpg

金井さんところの甲州種を…

金井さんの甲州種の収穫を手伝ったときに
一房いただいてお店に飾っておきました。

IMG_9213.jpg


予想以上に素敵…。
IMG_9212.jpg


2週間後…
IMG_9337.jpg


現在…
IMG_9569.jpg

ベアードさん季節限定またまた登場!しかも2種類!!

突然ですが無計画が生んだ年末ありがとうビール企画。
ベアードさんの季節限定祭り勝手に開催中。
「たまたま在庫が重なっただけでは…」と突っ込まないでください(笑)
前回のESBもまだあり、さらに今回は2種類追加!しかもビックビールシリーズです!
お~。
で、ビックビールって何?と思うでしょ。
そこんところもベアードさんが語ってくれてますので、
じっくりしっかり読んでください。

秋が過ぎ、冬にさしかかると、ビールのカレンダーも変わる。より大胆でより度数の高いビールの季節が遂にやってきた。ベアードビールのブルワー達は、この日のために準備をし、何ヶ月も前に(春の桜が満開の頃や真夏の暑さの中)殆どのビッグビールシリーズのビールを仕込んだ。そして、そのビール達はベアードビールのセラーの中でゆっくりと時間をかけ熟成されてきた。私たちブルワーは、我慢強くこの日を待っていたので、やっとこの愛情を込め愛おしく造られた高アルコールのビールが飲めるのかと思うと、興奮で目がくらみそうである。まるで、夜中にサンタがやってきて、子供達が寝起き眼でプレゼントを見つけ、箱を開ける時のあの興奮した気持ちのようだ!

今年のビッグビールシリーズの幕開けを飾るのは、2種類の定番季節限定:やばいやばいストロングスコッチエール&ウエストコーストウィートだ。


ちょっと今回は引っ張りましたが詳細は以下にてどうぞ!



『やばいやばいストロングスコッチエール2007』(アルコール度数 約7.2%)

スコットランドは、ビール醸造の歴史において、重要で中心的な国の一つであり、その寒い気候の元では、寒さに強い大麦の栽培が適していた。その結果、スコッチエールは、リッチでモルティなビールとなった。更には、エールにしては比較的低めの発酵温度で、それほど活発に発酵しないので、その結果として残っている糖分が、リッチで丸みのあるフルボディのフレーバーを生み出している。ストロングタイプのスコッチエールは、「液体のオートミール粥のようなものだ」とよく言われていた。

ベアードやばいやばいストロングスコッチエールを一言で表現するなら、リッチに尽きるだろう!その深いマホガニー色とクリーミィな黄褐色の泡は、北国の紅葉の色を思い起こさせる。鼻先に、ソフトな果物の香りやアルコールの香りが漂い、アルコール度数の高さを予感させる。アロマがフレーバーの中にしっかりと溶け込んでおり、まるで糖蜜や、りんご飴、ラムコークやメイプルシロップのような風味が、口の中で秋のフェスティバルをやっているかのようだ。コクのあるモルトの甘さが口の中に広がるが、ポートワインやシェリー酒といったぶどう酒のような渋味が余韻を残すであろう。晩秋の肌寒い夜に、スコッチエールを1パイント飲めば、身も心も程よく温まるに違いない。2杯目では、じわーっと汗ばむほど。3杯目、4杯目では・・・や、やばい!


そしてもうひとつ!
IMG_9553.jpg

『ウエストコースト ウィートワイン2007』 (アルコール度数 約9.0%)

ウィートワインは1980年代にアメリカの西海岸で生まれた新しいビアスタイル。イギリスのバーレィワインスタイルがその発想の原点にある。ウィートワインは、その特徴として非常にリッチで複雑であると同時に爽やかさも持ち合わせている。それは、まさにアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの基盤となっている、ビールに対する比類ない創造性とたゆまない情熱を象徴するようなスタイルである。ベア-ドウエストコーストウィートワインは、偉大なアメリカ西海岸のクラフトブルーイングの先駆けとなった、洗練された腕を持つ一流のビール職人や失敗を恐れないビールの新鋭企業家達へ敬意を払うため醸造されたビールなのだ。

2007年版は、例年よりも多くの小麦モルト(60%)を使い、色は深く(11SRM)、ホップのアロマを控えている(ドライホッピングなし)。フレーバーの奥にどこかピリッとしたうまさがあり、最もユニークで非常に満足できる仕上がりになった。


以上季節限定に加え、
アングリーボーイブラウンエール、よなよなリアルエール、東京ブラックリアルエールがあります!

季節限定はもちろん各1樽限定。ぜひお早めに!
ビックビールに乾杯!

今度は早めに?ベアードさんより季節限定です

ベアードブルーイングの季節限定
『リアルディールエキストラスペシャルビター(ESB)』発売中です!
ベアードさんところではとっくにリリースされていたのですが…
出し惜しみ?してましたわけではありません(笑)。
「とっても数が少ないよ!」
といわれていたので在庫関係なしに注文。←計画性ゼロ。
ご紹介が遅れた次第です。
もちろんしっかり管理してましたのでご安心を。
もちろん1樽限定。ぜひお早めに!乾杯!



「ビター」という名前は、殆どの英国の醸造所が毎日常飲できるビールとして2タイプの基本的なビール「マイルド」と「ビター」を造っていたその当時から変わっていない。マイルドが比較的甘いビールで、「ビター」は比較的苦味のあるビールという意味で、フレーバー自体が必ずしもビターである必要はなかった。そのドライさや苦味はフレーバー構成の中でホップを強調することにより生まれてくる。

『リアルディール ESB』
アルコール度数5.0%、マリスオッター、ウィート&キャラメルモルト、センテニヨル、ホライゾン、ファグル-ホップ&ドライホップ

富士桜高原麦酒より季節限定『ラオホボック』がでたのですが…

富士桜高原麦酒より季節限定
『ラオホボック』が出たのですが…ブログでご紹介する間もなく瞬殺でした。
スミマセン。来年はもっとたくさんいただけるようにがんばります。


詳細は富士桜高原麦酒さんよりどうぞ(事後報告でごめんなさい)


『ラオホ』とは…
ドイツのバンベルグ特産の個性の強いビールです。麦芽を乾燥させる時にスモークしますので、独特の香りと味を楽しめます。
当ブルワリーでは日本で希少な逸品として醸造し、愛飲家に根強い人気があります。


『ラオホボック』
ラオホに不可欠なスモークモルトをふんだんに使用し、ローストモルトも使っているため、ロースト感も楽しめます。
ボックビール特有のモルトの甘味もしっかりと残し原麦汁濃度が高く、アルコール度数の高いフルボディのビールに仕上がっています。
秋の夜長にじっくりと味わう、そんな楽しみ方が似合うスーパープレミアムビールです

Home > 2007年11月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。